東日本大震災発生後の取り組み

東日本大震災発生後の取り組み

東日本大震災発生後のいわきの「医療」と「生活」を守るために、くすりのマルトがどのような対応をしたのか、その奮闘ぶりを安島力社長が月刊マーチャンダイジングよりインタビューを受けて独白した内容をご紹介いたします。

以下、2011年6月号の記事より一部抜粋したものになります。
マーチャンダイジング記事画像

150店あったコンビニが3週間も閉店した

当日(3月11日)は、13時ごろまで幕張メッセのドラッグ、ストアショーの会場にいました。その後、同行した社員たちと木更津(千葉方面)の店舗見学会を実施していたところ、今回の東日本大震災に遭遇しました。すぐさま本部に連絡すると、本部の建物も一部損壊し、津波の被害も出ているという報告。大渋滞の中、17時ごろ市原あたりを通過していたところ、例のコンビナートのガス爆発を目にしました。爆風の衝撃で車が大きく揺れたのを覚えています。

高速道路も全面ストップし、その後渋滞が解消するはずもなく、翌朝の7時にようやく「いわき市」にたどり着き、7時30分から緊急対策会議を聞き、震災の対応に追われる日々が始まりました。震災直後は、総店舗数44店の約半数の店しか営業することができませんでした。レジは停電により稼働しないため、ベットボトル飲料はすべて100円などにして、できるだけ釣銭が出ない方法で営業しました。混乱と品不足の中、少しずつ復興へと向かう毎日でした。

そんな中、3月15日に枝野官房長官から、いわき市のほんの一部(北部2km)を福島原発の屋内退避圏内(原発より30km圏内)に設定をするという発表がありました。それから、一気にいわき市に商品が供給されなくなりました。ほとんどの運送業者は放射能被害を恐れていわき市に物資を運ばなくなりました。一方、多くのいわき市民も県外に逃れる状態が続き、一時期いわき市の人口は激減しました。車を運転して店を回っていても、対向車と一台もすれ違わない日もありました。まるでゴーストタウンです。

いわき市に150店あったCVS(コンビニ)も、他のSM(スーパーマーケット)やDg.S(ドラッグストア)もすべて閉店し、3月15日以降の数日間は、SMではマルトの4店、Dg.Sではくすりのマルトの4店、調剤薬局では一部の個人薬局と当社3店だけがいわき市で営業するすべての小売店舗になりました。当社としては、もっと多くの店で営業を再開したいと思っていたのですが、なにせ商品が調達できず、やむなく限られた店舗だけでの営業となりました。3月いっぱいその状態が続きました。

品不足は異常を極めました。先にも申し上げたとおり、原発の風評被害で卸売業や運送業者がいわき市に一切商品を供給してくれなくなったのですから。県境の北茨城市(茨城県)のCVSには商品があるのに、そこから200m程度しか離れていない「いわきのCVSJにはまったく商品がないという状態が3週間以上も続きました。

また、3月15日の夜からは、住民だけでなく建物の復興を担うゼネコンなどの建設業者、医療関係者の多くもいわき市から避難し、技術者がいなくなることでライフラインの復旧もそれに従い大幅に遅れていくことになります。それ以降も復旧のめどが立たす、日々事態が悪化する空白期間を過ごしました。

3店のマルト調剤薬局がいわき市の医療を守った

さらに、ほとんどの医療機関が休業したため、しばらくの間いわき市は「医療の空白地帯」になってしまいました。震災前、人口35万人のいわき市には120の医療機関がありましたが、3月16日以降、開業しているのはわずか4医療機関となっていました。まさにいわき市は、医療難民であふれかえってしまったのです。当社の社員の中にも、入院したばかりの父親が、「病院は休業するので自宅に帰ってくれ」といわれ、困惑する者もおりました。

震災後の3月12日から当社は、厚生労働省医薬食品局発信の「東日本大震災における処方せん医薬品の取扱いについて」に従い、「身分証明書」もしくは「おくすり手帳」があれば、医師の処方せんがなくても、1週間分の調剤薬を処方するようにしました。他の調剤薬局も震災直後は、同様の対応をしました。しかし、原発の風評被害の出た16日以降は病院が閉鎖され、ほとんどの調剤薬局も休業しました。結局いわき市で調剤薬を受け取れる薬局はマルトの調剤薬局の3店舗だけになり、通常は1店舗約100~150人/日の患者数なのが、毎日1,000~2,000人の患者様がマルトの調剤薬局に殺到するようになりました。

当社の薬剤師は、殺到する患者様の要望に応えるために、朝の7時から夜の12時過ぎまで、薬を調合しつづけました。

さらに、他の地域から来局される方々の要求に応えるために、震災前の2倍に調剤薬の取扱い品目数を増やしたので、はじめて見る処方せんや薬にも対応しなければならず、「調剤過誤を起こさないで、できるだけ早く処理するjための薬剤師たちの精神的な負担は想像を絶するものでした。集中力を切らさず、一日中立ちっぱなしの過酷な状況で、当社の薬剤師はいわき市の医療を守ったのです。彼らが激務に耐えられたのは、「いわきの医療はわれわれが守るのだ」という崇高な使命感以外の何物でもなかったと思います。

患者様の待ち時間は平均で4~5時間。病院が18時に閉まったあとも、次から次に新しい患者様が殺到しました。上記の厚生労働省通知では薬を1週間分処方してもよいことになっていたのですが、16日以降は、薬を早く処方するために3日分しか出すことができなくなりました。

それでも途切れることなく調剤薬を提供することができたのは、地元福島県の医薬品卸の恒和薬品様が24時間態勢で薬を届けてくれたからです。同社の営業マンは車に寝袋を用意し、当社に薬を供給し続けたそうです。ありがたいことです。

私は、小売業の最大の使命は、「店を開けること」だと思います。一方、卸売業の使命は「商品を届けること」です。約1ヵ月間「陸の孤島」になってしまったいわき市の医療を守ることができたのは、現場社員の一人ひとりの使命感のおかげだと思います。

4月11日、12日の余震は本震以上の被害、でも負けない

いわき市からは、「市内には自宅に退避している方も大勢いて、新たな被害が出ています。くすりのマルトさん、震災地区に物資を届けるだけではなく、できるだけ店舗を開店してください」と要請がありました。

どんどん店を再開しながら、4月1日に応援チラシを配布しました(写真参照)。

チラシ

それは、「ミネラルウォーター2万本を無料で配布します」という内容でした。続いて4月9日には、I(麻黄湯入り)風邪薬5万箱を無料配布します。ハイチオールC1,200箱を無料配布します」というチラシ。さらに、栄養ドリンク2万本を無料で配布という内容のものも配布しました。

その後、少し落ち着きを取り戻し始めた4月に入って新年度の会議を開催しました。今年度の方針も発表し、ピンチをチャンスに変えようという話もしました。その時には、まさか4月11日と翌日の12日に、本震に匹敵するような震度6弱の大規模な余震が来るとは思ってもいませんでした。一般的には「余震」と伝えられていますが、いわき市にとっては直下型の大規模地震で、しかも震源地はなんと当社の本部がある住所の真下。揺れの実感としては、3月11日の本震よりも激しいものでした。そのため3月の本震に遭ってもなんとか外形をとどめていた本部事務所は天井が落ち完全に崩壊。本部移転を余儀なくされました。

やっと4月1日からCVSが開店し始めて、いよいよ復興…という時に起きた余震でした。17時半に地震が発生し、すぐに店を閉めました。しかし3月の経験があったので、復興は早かったですね。夜のうちに連絡をとって、翌日の早朝から問屋・メーカー・掃除業者さんが応援に駆けつけてくれて、何が何でも店を開けようと頑張り、昼ごろには開店することができるようになりました。「3月の経験が生きたね」と話し合っていた矢先、その日の午後2時半にまたも余震が発生しました。元に戻したばかりの店舗の「中置きゴンドラ」が倒れ、またもや商品が床に散乱しました。私は、呆然としているメーカー・問屋さんを前にして、「午前中の作業は予行演習だから」という話をしました。もはや笑うしかなかったですね。

社員と地域との絆が深まった

震災を経験して、会社はきちんと毎年利益を出しておくことが大切だということを改めて感じました。当社の社員も今回のことで、「ウチの会社は大丈夫なのだろうか?」と言葉には出さなくても不安を感じていたと思います。4月末にマルトグループの経営会議を開催し、社員に対して「マルトグループの自己資本比率は70%を超えています。たとえ3ヵ月間全部の店を閉めたとしても、皆さんの雇用を守ることはできるのです」という説明をしました。

いわき市の「医療」と「暮らし」を守ったことは当社の誇りです。地域に住み続けるしかない、地域から逃げない、地域に密着したローカルチェーンだからこそできる仕事です(いわき市35万人、11万世帯に対して、マルトカードの発行枚数は18万枚。実稼働率92%、カード会員売上が95%と高いシェアを占めている店もある)。

今回の震災はいろいろなことを教えてくれました。その中でも特に人と人の絆の大切さについては改めて考えさせられました。お客様のありがたさ、お取引先様のありがたさ、そして一番ありがたかったのは、自分たちもなんらかの震災の影響を受けながら毎日店頭に立ってくれた社員たちの頑張りです。本当にありがたいと思います。

そんな社員に囲まれて仕事ができる自分は本当に幸福者だと思います。これからも社員たちといっしょに地域のお客様の医療と生活の向上に貢献していきたいと思います。